ブログ

2019.11.15

大人虫歯について

こんにちは!衛生士の簗瀬です。

すっかり季節は秋ですね!秋と言えばやはり食欲の秋でしょうか?

気になっている歯のトラブルは早めに解決して美味しい物をしっかり噛んで食べたい物です。

 

これまでにも虫歯についてはこちらでも何度かお話しさせていただきましたが、今回は特に大人の虫歯についてのお話しをさせていただきます。

 

虫歯と言えば、なんだか子供がよく悩まされるもの、成人になればむしろ歯周病でのトラブルの方が多くなるイメージかも知れませんが、その歯周病により下がってしまった歯の根っこの部分は大変虫歯に狙われやすい部分になります。
フッ素入りの歯磨き粉を効果的に使い、お口をゆすぐお水の量もかなり抑えてフッ素を歯に残して就寝される事をオススメします。

 

そして秋と言えばスポーツの秋!という方もいらっしゃるかと思います。運動は健康志向が上昇している近年、年中スポーツクラブなどで汗をかいておられるでしょう。

この時に口にするスポーツドリンク。これが又虫歯を誘発する原因になることをご存知でしょうか?

このスポーツドリンク、体内に不足しているものを補うため、様々な成分が含まれています。

発汗時に失われがちなカリウム、ナトリウム、マグネシウムだけでなく、筋力や持久力の向上、そして、疲労回復などの効果が望めるアミノ酸や、健康に良く、運動時に補給する成分としても大変優れたものです。

あまり甘味が強いものが少ないので意外に思われるかもしれませんが、多くのスポーツドリンクには、たくさんの甘味料(糖質)が含まれているのです。

もちろん中には糖質が少ない製品もありますが、大半は、100mlあたり4g6.0gもの糖質が含まれているのです。

また、酸には歯のエナメル質を溶かす働きがあります。

ですから、アミノ酸やクエン酸は、まさに歯には大敵なのですね。

多く糖分を含んだものを急激に摂取するのは良くないといわれています。

運動時、摂取する場合は、のどの渇きをおぼえる前に、適度に薄めたものを数回に分けて飲むようにしてください。

最近はダイエット目的で作られている、力ロリーや糖質控えめのものもありますが、こちらの場合、激しいスポーツをした時に、従来のスポーツドリンクのような効果は期待できない場合があるそうです。

でも、運動時以外に飲む場合は、こちらの方が適しているといえますね。

そして、スポーツドリンクを飲んだ後、水またはお茶を飲んだり、うがいをしたりして、ロの中に残った糖分や酸をすすぐようにしてください。

こうすることで虫歯になるリスクをぐっと下げることができるからです。

(これは、スポーツドリンクに限らず、ジュースなどにおいても同様のことが言えます)

虫歯予防をしっかりして美味しい物をたくさん食べたいものです!

(運動があまり好きではない私はどうしよう…)

写真は先日訪れた富岡八幡宮です。

いっぱい歩きました!

市川市行徳(福栄) 予防を中心に小児から入れ歯まで

「いつでも頼れる街の歯医者さん」を目指す

個室診療 はぎわら歯科クリニック

2019.10.11

!!10月12日(土)の台風の影響による休診のお知らせ!!

明日、10月12日土曜日の診療ですが台風の影響により、やむを得ず休診とさせていただくことになりました。

皆様にはご迷惑をおかけ致しますが、ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

明日のご予約をいただいていた患者様には、急な連絡でのご変更等ありがとうございました。

 

はぎわら歯科クリニック
院長

2019.10.07

効果的なうがいで風邪予防!

  1. こんにちは
    歯科衛生士の田中です
  2. 少しずつ秋らしくなってきましたね!
    例年より早いですが、インフルエンザも流行ってきているみたいです!
    そこで今回は効果的なうがいについて、お話したいと思います。
    ①風邪の予防にはうがいが効果的
    風邪の80%はウイルスが原因といわれています。
    ウイルスがのどや口の粘膜内に深く入り込んでしまう前に、うがいで洗い流すことはとても有効な予防法です。
    その際、炎症を抑え、粘膜を保護する作用のあるものを使ってうがいをすれば、その後のウイルスの攻撃にも備えることができ、より一層効果的です。
    ②活性酸素は正義の味方?
    のどや口の粘膜にウイルスや細菌が感染すると、白血球などの免疫細胞が集まってきます。免疫細胞は活性酸素をばらまいて、その強い酸化作用でウイルスや細菌を攻撃してくれます。
    しかし、活性酸素はのどや口の粘膜も同時に攻撃してしまうため、炎症が長引くと活性酸素は「両刃の剣」になってしまいます。
    のどや口の炎症が強いときには、活性酸素を消去するお薬でうがいをすることが治療の上で重要です
    ③うがいのコツ
    まず、石鹸で手を綺麗に洗ってください。
    次に指示通りに希釈したうがい薬を作ります。
    口やのどには食べ物の残りかすや細菌が付着していますので、ひと口目は少し強めにうがいして汚れを洗い流すようにします。
    (ただし、抜歯後など出血のある場合は、出血が止まらなくなる原因になるので、強いうがいは避けてください。)
    うがいはなるべく多い回数行うのが理想的です。
    ④咽頭炎や扁桃炎など、のどの炎症には…
    うがい液を20~30ml程度口に含み、のどの奥までうがい液が行き渡るように、天井が見えるくらい上を向いてできるだけ長時間「ガラガラうがい」を続け、吐き出します。
    これを数回繰り返します。
    外から帰った時や、起床時と就寝前に必ずうがいをするようにしましょう。
    ⑤口内炎や急性歯肉炎などの口の中の炎症には…
    うがい液を20~30ml程度口に含み、頬を左右交互にふくらませてうがい液を移動させ、歯の間や歯茎の汚れまで洗い流す要領で、できるだけ長時間「クチュクチュうがい」を続け、吐き出します。
    毎食後行うと、更に効果的です。
  3. うがいと手洗いで風邪予防をしましょう!
  4. 市川市行徳(福栄)予防を中心に小児から入れ歯まで「いつでも頼れる町の歯医者さん」を目指す個室診療
  5. はぎわら歯科クリニック
2019.09.17

ご挨拶

 

はぎわら歯科クリニックのブログをご覧の皆様はじめまして^ ^

7月から働かせていただくことになりました歯科助手の沖田と申します!

この場をお借りして皆さんへ簡単にですが、自己紹介をさせて頂きたいと思います^ ^

名前は沖田朱音(おきたあかね)と申します。

趣味は美味しい物を食べに行く事です。
暇があれば、友人とお互いのオススメのお店を教え合いながら、美味しい食べ物巡りをしています(
o^^o)

前職はテーマパークのスタッフをしていたので、歯医者さんでの職務経験がありません。
至らない点が多々あると思いますが、これから沢山勉強し先生
や先輩スタッフ方から多くの事を学ばさせて頂きながら頑張っていこうと思っております。

歯科助手になるには資格が必要ないのですが、日本歯科医師会認定の歯科助手の資格を取得するために講習会へ参加していろんなことを勉強しています!
技術だけではなく、基礎知識などから学べてとても勉強になっています。
皆さんとも今後ブログ内で講習会で学んだ知識を共有していけたらと思っております
^ ^!!

”歯医者さんに行くのが不安だな、怖いな”という気持ちを少しでも解消できるように私なりに努力していき、親しみやすい歯科助手になる事を目標として頑張りますのでどうぞ宜しくお願いします!!

 

IMG_5293.jpeg

最近私が行ったお店の中で、オススメのお店をご紹介します!
浅草にある『みつや』という白玉専門店のお店です!
甘くてとってもおいしかったので、是非皆さんも行く機会がありましたら足を運んでみてください^ ^

9月に入り食欲の秋ですが、食後の歯磨きは忘れないようにしっかりブラッシングをしましょう!!

 

市川市行徳(福栄) 予防を中心に小児から入れ歯まで
「いつでも頼れる街の歯医者さん」を目指す
個室診療 はぎわら歯科クリニック

2019.08.23

物品ランキング

こんにちは。歯科助手の佐藤です。

あっという間にもう8月ですね..

冷たいジュースやアイス、かき氷など虫歯の天敵が欲しくなる要注意な季節になります..!!
ですが、毎日の歯磨き..どこかまあこれでいいや。と厳かになってしまってはいませんか?

学生時代、毎日の勉強に嫌気がさした時ふと文房具を新しく買うとやる気が出るなんて事はありませんでしたか?
実際に私もその1人でした!!(笑)

そんな毎日の歯磨きを少しでも楽しんでいただくために今回は、はぎわら歯科で販売している物品の人気ランキングを紹介します!!

まず、第3位!!

DENT.EX 歯間ブラシ

 

耐久性が高く、持ちやすく110°のアングルで操作が簡単におこなえるのが特徴の歯間ブラシです。
また、サイズが
7種類ある為あらゆる歯間部に適したものを使用いただけます。
歯ブラシだけでは
中々届きづらい歯間部のお手入れの際補助器具が日々のセルフケアでは重要なポイントになってきます!!

続いて、第2位!!

フィジオクリーンキラリ錠剤[義歯洗浄剤]

こちらは、入れ歯の洗浄剤になります。
歯磨きと同様に入れ歯の毎日のお手入れもとても重要な1つです。
当院でおすすめさせて
いただいているこちらの商品は安全性の高い二酸化チタンを配合し、その触媒効果でヤニや茶渋などの着色汚れやカンジダ菌を洗浄・除菌します。
中性の洗浄剤になるので金属床義歯やチタン・パラジウム合金・リテーナーにも安心してお使いいただけます。

そして、堂々の第1位!!

DENT.EX systema44M

こちらの歯ブラシは細かくしなやかなスーパーテーパード毛により狭い歯間部や歯周ポケットに届き、歯ぐきに負担をかけることなく歯周病の原因である歯垢(プラーク)を除去できます。
ヘッドが小さいため使いやすいのも人気の理由です!!
歯ブラシといっても中々自分にあった歯ブラシを見つけるのは難しいですよね。
当院では、治療の際に今お使いの歯ブラシをお持ち頂き、先生・衛生士が今のお口の状態にお使いの歯ブラシが適しているか?
また、より患者様に適している歯ブラシはどんな歯ブラシなのかをご案内させていただいております。

他にも多数の物品を取り揃えておりますので、気になる商品や聞いてみたい事などありましたら、受付スタッフ・先生・衛生士までお気軽にお声掛け下さい。

 

 

市川市行徳(福栄) 予防を中心に小児から入れ歯まで「いつでも頼れる街の歯医者さん」を目指す

個室診療 はぎわら歯科クリニック

2019.08.03

8月診療日のご案内

 

こんにちは!主任の見崎です。

 

梅雨が明けたかと思ったら、猛暑日が続いていますが熱中症など体調管理には十分に気をつけてくださいね。
8月は長期休暇のある方もたくさんいらっしゃると思いますが、人混みも多くどこも混雑されますので、水分補給や
熱中症対策をしっかりしましょう!!

 

8月の診療日のご案内です。

毎週:水曜日・日曜日

<会長>
毎週木曜日:大学講義のため一日不在

16日(金)~24日(土)まで研修・学会等のため不在

<院長>
30日(金)は大学講義のため一日不在

 

*********************************

 

お盆期間の診療ですが、10日(土)まで通常通り診療致します。

11日(日)~15日(木)まで夏季休診日とさせていただきます。

16日(金)より通常通り診療致します。

期間中に緊急の場合は、市川市休日急病等歯科診療所をご利用ください。

市川市休日急病等歯科診療所

 場所:市川市大洲1-18-1(大洲防災公園隣接地「市川市急病診療・ふれあいセンター内」) 

診療日・・・ 日曜日・祝日

診療時間・・ 午前10時~午後5時 

TEL・・・・  047-377-8888

*健康保険証を必ずお持ちください。

休み期間中はご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願い致します。

 

 

市川市行徳(福栄)予防を中心に小児から入れ歯まで「いつでも頼れる街の歯医者さん」を目指す
個室診療 はぎわら歯科クリニック

2019.08.03

インプラント講習

こんにちは。歯科助手の佐藤です。

暑い日が続いておりますが皆様元気でお過ごしでしょうか?

さて話は変わりまして..

先日、当院でインプラントの治療をして下さっている日本歯科大学の高森等教授の講習をスタッフ全員で受けてきました!!

講習の内容は「インプラント治療に関与する歯科衛生士に必要な基礎知識」というもので、インプラントの基礎知識やオペの知識、また、歯科衛生士の役割まで為になるお話をたっぷりの内容で4時間していただきました。

スタッフの知識向上やオペで活用していく事でより患者様に安心してインプラントの治療を受けて頂ける様日々努めていきたいと思っております。

今当院では、高森教授と共にインプラントの治療を行っていますのでお話だけでも聞いてみたい!などでも構いませんので、興味のある方はお気軽にスタッフ・先生までお声がけ下さい。

写真は、先日当院で清美先生がインプラント治療をしている様子を覗かせて頂きました!!

市川市行徳(福栄) 予防を中心に小児から入れ歯まで「いつでも頼れる街の歯医者さん」を目指す

個室診療 はぎわら歯科クリニック

2019.04.12

糖尿病と歯周病の関係について シリーズ第3弾!!

こんにちは。歯科衛生士の田中です!
春らしくなってきましたね。
今回はシリーズ第3弾です。
糖尿病と歯周病の関係
・血管の障害
糖尿病が進行すると、全身の血管に障害が起きて様々な合併症を生み出していくことは周知の通りですが、特に細い血管に障害が現れやすいため末梢組織の血流量が低下して、感染や組織の修復を妨げます。
歯周病はまさにその末梢組織にあたり毛細血管が豊富にあるため、歯周病の悪化を手助けしてしまうことになるのです。
食後高血糖
歯周病が進行すると、歯がぐらついたり失ったりすることで、硬い食べ物が食べにくくなってしまいます。すると、軟らかいものばかり食べたり、よく噛まずに飲み込んでしまいがちです。軟らか食べ物はプラークを蓄積しやすいので、歯周病に悪影響を与えるのは勿論のこと、食後高血糖を起こしやすく、糖尿病への悪影響も否めません。
硬いものを食べにくくなるということは、食後高血糖を抑えるはたらきのある繊維質の食べ物を摂りにくくなります。
また、噛む回数が少ない食事が多くなることも食後高血糖に繋がりやすいのです。
相互関係について
・糖尿病の人は歯周病にかかりやすい
歯周病の人は糖尿病もしくは糖尿病予備軍であることが多いと考えられています。
糖尿病の人はそうでない人に比べて2倍以上の確立で歯周病にかかりやすく、逆に歯周病の人はそうでない人よりも糖尿病の罹患率が高く、糖尿病でなくても糖尿病予備軍である血糖値が高めの人が多いことが分かってきました。
・糖尿病の人は歯周病が重症化しやすい
糖尿病の人はそうでない人よりも歯周病が重症化しやすいが、糖尿病の人が歯周病を徹底して治療すると、血糖値が改善することがあります。しかし、血糖のコントロールが悪いと治療効果も出にくくなるのです。
健康な身体と丈夫な歯で美味しいものをたくさん食べたいですね!
シリーズでお伝えしました糖尿病と歯周病の関係は今回で終了です
市川市行徳(福栄)予防を中心に小児から入れ歯まで「いつでも頼れる町の歯医者さん」を目指す個室診療
はぎわら歯科クリニック
2019.02.04

就寝中のマウスピース

こんにちは!衛生士の簗瀬です。

まだまだ寒い日が続きますが皆様、インフルエンザなどで体調を崩していませんか?

昨シーズンは私以外の家族全員がインフルエンザにかかりましたが、今シーズンは今のところ元気に過ごせています。

これだけ寒いと、風を吸い込むだけで歯がしみる!と訴えられる患者様もみられます。

確かにそのくらいの気温の日もありますが、そのしみる原因がくいしばり、歯ぎしりからきている事も考えられます。

以前にも日中のくいしばりについてはこちらでも書かせて頂きましたが、今回は防ぐことが難しい就寝中の歯ぎしりについてのお話です。

何もしていないとき人間の上下の歯は接触していません。くちびるを閉じていても上下の歯は触っていないのです。
1日の中でも食事の時間の20分ほどしか上下の歯が噛み合う時間のはずが、現代はストレス社会、無意識に日中でも歯をくいしばっている方が多くいらっしゃいます。

最近では、スマホを使用する若者にも見られる様です。

くいしばることが何故歯にとって良くないか?く
いしばることで、歯の磨耗、咬耗(すり減り)からくる歯のしみ、顎の痛みや被せものに不具合が出てきたり、歯茎にはくいしばる事で血流を妨げられてどんなにブラッシングが良く出来ていても歯周病を引き起こします。

日中はなるべくくいしばる事の無いように自身が気をつけることで症状を軽減することが出来るのですが、寝ている時にはなかなか気付く事が出来ません。
近くで寝ている人に教えて貰える場合もありますが、横に歯をこすり合わせるタイプの歯ぎしりなら音がギリギリと聞こえますが、くいしばって寝ている場合は無音の為、なかなか周囲も気付きません。
医院で指摘されて初めて意識するといった方もみられます。

就寝中の防ぎようの無い歯ぎしりには、寝ている間に装着するマウスピースをお作りになる事をお勧めします。
最近では、ネット通販などもある様ですがやはりきちんとご自身のお口の型取りをしてお口にぴったり合ったマウスピースが違和感なくお使いいただけると思います。

(保険適用となりますのでご安心くださいませ)

型取りを一度させて頂きますと、一週間くらい後には当院にて作成した物をお渡し出来ます。
ご家族から歯ぎしりを指摘された方、ご自身でもお気付きになった方、大切な歯を守る為に是非お気軽にご相談くださいませ!

市川市行徳(福栄) 予防を中心に小児から入れ歯まで

「いつでも頼れる街の歯医者さん」を目指す

個室診療 はぎわら歯科クリニック

2019.01.18

歯周病と糖尿病について シリーズ2

こんにちは

歯科衛生士の田中です。
インフルエンザ大流行中です!
人混みは特に要注意ですね。
前回から引き続き、歯周病と糖尿病についてお話したいと思います。
前回の内容が気になる方は”歯周病と糖尿病について シリーズ1”をご覧ください!
では、糖尿病と歯周病の関係を見てみましょう!
①口の乾き
血液中の糖の濃度が高くなる糖尿病は、水分をとって薄めようとするために、不要な水分は多量のブドウ糖と共に尿中に排出されます。
そこで、多量の水分が失われるので、細胞が脱水状態となってしまいます。
唾液の分泌量も減り、喉の乾きという症状が出てきます。
唾液には食べ物を消化するだけでなく、口の中の浄化作用や組織の修復という役目があり、歯周病を防ぐ役割も担っているので、糖尿病のために口腔内が乾燥すると、その働きが低下して歯周病菌が繁殖しやすい環境になってしまうことが考えられます。
また、口の中を潤している唾液や歯肉からの滲出液には血液成分が含まれていて、糖尿病による高血糖状態が持続すると、その唾液や滲出液の糖分の濃度も高くなるため、歯周病原菌がより繁殖しやすくなるとも考えられます。
②全身の抵抗力の低下
糖尿病の高血糖状態にあると、細菌を攻撃する白血球の働きも低下するので、感染症にかかりやすくなり、感染症のひとつである歯周病も起こりやすくなると言えます。
また、高血糖状態では、歯周病原菌が生産するコラゲナーゼが増加し、歯周組織の主な構成成分であるコラーゲンを破壊します。
そして、過剰なブドウ糖がたんぱく質と結び付いて、最終糖化産物という物質が作られ、歯周組織の炎症を起こし、糖尿病患者さんの歯周病の悪化に影響すると考えられています。
③エネルギー不足
糖尿病になると、インスリンの作用不足でブドウ糖をエネルギーに変えることが出来なくなり、エネルギー不足を補うために、筋肉のたんぱく質や脂肪が分解されて使われるようになります。
そうした代謝が変化した影響で歯周組織内のコラーゲンの減少や変化が起こると、破壊された歯周組織の修復力も弱くなってしまいます。
また、糖尿病では高脂血症を併発することもありますが、高脂血症が歯周病を悪化させるという可能性もあります。
まだまだ歯周病と糖尿病の関係性について、続きがあるのですが、また次回に記載したいと思います!
市川市行徳(福栄)予防を中心に小児から入れ歯まで「いつでも頼れる町の歯医者さん」を目指す個室診療
はぎわら歯科クリニック
1 2 3 4 5 6 10